YES MAN の続き

  • 2018.11.16 Friday
  • 12:33
前回書いた記事が、最初に書こうと思っていた内容と違う所に行ってしまったので、追記。



他人からの意見っていうのは貴重だなとやっぱり思う。
って事が言いたかったの。
そーだ、そーだった。


とはいえ色んな人が世の中いますから、例えば人種差別的な発想から出てくる否定的な言葉に一々耳を貸すのはアホらしいけど、(最近その手の話をイトコと良くすしてるもんで。。その話はまた今度)

人を罵る様なものではなく、
『人にこう映ってる』と教えてくれるものは…とても飲み込みづらいけど有り難い事だと思う。

ただ、大人になればなる程伝えてくれる人は身内ではなく外の人だろうし、先方さんもそれなりに自分の所為で気分を害してるから否が応でも怒りやイライラは既に生まれてしまってる。
なのでそんな穏やかに伝えてくれる筈もなく、なんなら『大人のくせにまだそんな所ウロウロしてんのかよ』と呆れの類いの怒りも一緒に出てきちゃってるから、否定的な伝え方がほとんどになっちゃうんだと思う。

否定的な伝え方をされちゃうとね、そりゃ反発したくなるのは人間の性ですから。


ただそこで『あの伝え方はないよ〜』と思いつつ、あの人が本当に言わんとしていた事はなんだったかのか、とか『私は何も悪くないと言い切れる程フェアーに向き合っていたか』とか、

向き合いたくない事に向き合えるかどうかで品というか質が変わってくるんだなぁと思う。

『はい!否定的!はい感じ悪いからダメー!』で聞く耳持たずじゃなくて、聞いてみた上で飲むか飲まないを判断できるような冷静さがあったら良いなとよく思うよ。

自分は悪くないと思い続けるのは、そりゃ心がとっても落ち着いて平和で良いけど、結局知らずに人を傷付けて1人になるんだと思う。


そんで『1人になっても良いじゃん』とはまっっっったく思えない。そんなの怖いし寂しい。寂しすぎる。

通りすがりの人達に何て思われようとそれはどーでも良いです。知ったこっちゃねーっす。

ただ自分が大事な人達には嫌われたくなんかないし(当たり前だけど)、意見の相違があればお互いを尊重し合える話し合いが出来たらいいなと思うし、何よりガッカリされたくない。ガッカリされるのは…とても嫌…。

私も当たり前に完璧な訳はないのでそんな所での話じゃなくて、人としての筋というか、最低レベルで『そんな事してくれるなよ』っていう境界線。。その物凄く曖昧な、人によって定義が変わってしまう曖昧なものが共感し合えるから家族であって友人であって恋人なんだと思う。

そういう部分でガッカリさせちゃうのは物凄い大きな裏切りでもある、と思っちゃう。

だから、大事な人達に見合う大人でいたいなぁ〜と富に思う。(色々尽くして関係がダメんなったら、それはそれだけどね(笑))


最初に戻りますが!自分を変えるキッカケを作ってくれる他者の意見はとっても貴重なんだと思う。ましてや言ってもらえない事がほとんどなのであればね。

自分を肯定してくれるのはとても居心地良いし、大事な人達というのは基本そういうので繋がってるんだと思うので、無条件に『肯定がダメ』な訳はないのだけど、冷静に『それってどうなんだろう』と言ってくれるその意見。それはそれで無下にできないよなぁと、そんな風に思った訳です。

おしまい。




…長かった!

この手の話題がここ数年、頭の中でグルグル回っていたけどようやく自分の考えが整理できた事もあって、何か…!一区切り…!終焉!大団円!ハッピー!目が潤んでる…!


うそ。
潤んではいません。


いかんせん自分がこんな発想を持ってるが故に人との距離を上手く取れなくなってしまった時もあった…?気がする?(朧げ)けども、何かスッキリした。

整理着いたので、人に無理に合わせず、人を無理に合わせようとせず。でも整理着いたからといってその考えに固執せず、柔軟に。私は私の大事な人達と呑気に笑ってられるように。ただそれだけ。


おしまいおしまい。



<追記の追記>

何故!!!!
私の数少ない友人達や愛する人達が格好いいか!!!!

やっぱりそれはこの一言に尽きるのです。

誠実だからです。


おしまいおしまいおしまい。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM